懐かしいドット絵で、やり応えのある育成を楽しもう!【勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] をやってみた】

タグ: , , , , , ,
appstore googleplay
勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG]
無料
提供:ORANGE CUBE INC.
バージョン:2.1.1
サイズ:48M
評価(IOS):☆4.5 (5,723件)
評価(Android):☆4.2 (9,579件)

※掲載中のゲーム情報は記事作成時点でのGooglePlayの内容を元に作成しています。

やってみた感想

サクサク遊べて、しっかりした育成要素も楽しめる。

戦闘がオートなのは、好みが分かれるところかも。

とりあえずやってみた

どこか懐かしいドット絵とサクサク遊べるゲーム性が楽しいスマホRPG「勇者と1000の魔王-覚醒-」。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (1) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (2)

戦闘は基本的にオートで進むので、必然的に攻略のカギは戦闘に入る前段階、つまりユニットの育成にかかってくる。この育成の部分が充実しているのがこのゲームの特徴と言ってよいだろう。

こうしたタイプのスマホゲームの場合、合成でしかユニットを強化できないゲームも多いが、このゲームでは一般的なRPGと同じく戦闘に参加することで経験値が得られ、レベルを上げることができる。

ただガチャと合成だけを繰り返していくとどうしても作業感が出てきてしまうが、自分の好きなユニットを戦いながら育てていけるという点に、単なる作業ではない、きちんとしたゲーム性がある。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (19) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (18)

またスキル合成により、任意のユニットに本来覚えないはずのスキルを覚えさせることもできる他、装備品によるステータスの強化も行えるなど、育成の幅がかなり広く、プレイヤーそれぞれの個性が出る余地が十分にある。

サクサク遊びたいけど、やり応えもほしいという人にオススメなゲームになっている。

プレイヤーは魔王と勇者の戦いによって世界中に散らばった「サタンソウル」の一つを身に宿したことをきっかけに、冒険に旅立つことになる。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (9) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (13)

基本的にはダンジョンを攻略していくことでストーリーが進んでいく。ダンジョンにはそれぞれマップがあり、一マスごとにモンスターがいたり、宝箱があったりするなどのギミックがある。そのマップを進んで攻略していき、最後にボスを倒してクリアという手順だ。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (10) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (4)

ダンジョンでの戦闘はオートだが、戦闘前にパワーゲージが出てきて、それをなるべくMAXに近いところでタップして止めることで、戦闘力にボーナス効果が得られる。ちなみMAXぴったりで止めると特殊な演出も見られる。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (11) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (6)

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (12) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (5)

ダンジョン攻略と平行して、他のプレイヤーと戦い段位を競うデュエル、任意のユニットを派遣してアイテムを発掘する遠征、そして通常よりも敵が強い代わりに貴重なアイテムなどが得られるスペシャルエリアなどに挑み、ユニットを強化していこう。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (7) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (8)

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (3) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (16)

ユニットはガチャや戦闘終了時のドロップで獲得できる。上でも述べたように、戦闘に参加させることで経験値を得られる他、合成によりレベル上げやスキル付与を行うことができる。特にスキル付与はユニットの弱点をフォローしたり、あるいは長所を伸ばしたり、プレイヤーそれぞれの好みを反映できる育成の要とも言える部分なので、大いに頭を悩ませながら楽しんでほしい。

勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (14) 勇者と1000の魔王-覚醒-[ドットRPG] (15)

やってみた動画

 

 

スマホゲームレビュー まとめに戻る

タグ: , , , , , ,

最新の「やってみた」