クラッシュ・ロワイヤル・クラウン・チャンピオンシップ・ワールド・ファイナルがe-sportとしてメジャーに – クラッシュ・ロワイヤル

ここ数年の間に、e-sportsはニッチのスポーツからメジャーになりつつあります。

Supercellは、クラッシュ・ロワイヤル・クラウン・チャンピオンシップ・ワールド・ファイナルというe-sportsを開催しました。

クラッシュ・ロワイヤル・クラウン・チャンピオンシップ・ワールド・ファイナルはロンドンのThe Copper Box Arenaのスタンドで開催されました。

ロンドン市内で3番目に大きな会場で、7,500人を収容することができます。

Supercellは、豪華なセットを用意するために利用可能な座席の数を1,500まで減らしました。

アリーナの向かい側には、プレイヤーが立っているタワーがあり、タワーは、ゲームの王の塔をモデル化しています。

塔には、タブレットを置く台と、プレーヤーの顔を撮影するカメラが設置してありました。

アリーナの実際の床は、バスケットボールコートの大きさとほぼ同じで、大規模な3Dプロジェクションスクリーンでゲームの世界に会場を変えています。

ゲーム中、Clash Royaleの戦場は3Dで床に放映されるので、実際のユニットで行われているかのように戦闘を見ることができます。

また、セットの裏には最も人気のあるClash Royale地域のすべての言語を扱うキャスターがスタンバイしています。

参加プレイヤーはアメリカ、フランス、ドイツ、メキシコ、韓国、日本、中国、ベトナム、中国からの選手となっており、彼らのほとんどはプレイにお金を費やしておらず、宝石の購入はトーナメントから獲得したiTunesカードでプレイしているそうです。

 

8月には、地球上の195カ国のうち187カ国から2740万人の選手が競い合い、2740万人のうち、10,000人未満にまで減らされ、中国、アメリカ、日本がこの予選の最上位国となっています。

驚くべきことに、クラッシュ・ロワイヤルのチームはまだ非常に小さく17名のチームで構成されており、ゲーム製作に何百人ものチームを必要としないことを証明しています。

クラッシュ・ロワイヤル選手権世界大会は、Twitchでライブストリーミングされます。

 

 

シュミレーション まとめに戻る

最新の「やってみた」